7.舌側矯正

歯科コラム

山口県宇部市の矯正歯科「あいおい歯科・インプラント矯正クリニック」歯科コラム

7.舌側矯正

治療前

噛み合わせが深くなりすぎて、下の前歯が上の前歯を突き上げています。その結果前歯がすきっ歯になっています。噛み合わせから治療していく必要があります。
目立たないように舌側矯正治療を行います。矯正治療終了後、新しい噛み合わせに合わせて被せ物や、虫歯の治療を行う治療計画を立てました。

治療中

治療開始8ヶ月後、治療中の様子です。

治療後

矯正治療は11ヶ月後に終了しました。これから歯ぐきの再検査と被せ物や虫歯の治療など引き続き行う予定です。

主訴

過蓋咬合、空隙歯列

患者さん

30代 女性

治療期間

11ヶ月

通院回数

12回

費用

1,863,400円+毎月調整代8,470円

一般的な治療に対するリスク

矯正治療中は装置の装着により、歯磨きがしにくく、また汚れも溜まりやすいため、虫歯や歯肉炎になりやすいです。また歯を動かすと歯根が短くなることがあります。

※ご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者さまによって治療期間や、治療法など個人差がございます。