3.急速拡大装置・子供の矯正治療

歯科コラム

山口県宇部市の矯正歯科「あいおい歯科・インプラント矯正クリニック」歯科コラム

3.急速拡大装置・子供の矯正治療

治療前

受け口を気にして来院されました。お母様も反対咬合のため、遺伝的な影響も大きいと考えられます。下顎に対して上顎が小さいため上顎の成長を後押ししてあげる必要があります。この治療は子供のころにしかできません。

治療後

上顎を横と前方に成長促進する治療を行いました。上下裏側に装置を付け、夜寝時に顔に付ける装置を使ってもらいました。上顎を成長させることでお鼻の付け根が高くなり、バランスのとれた横顔になりました。

主訴

反対咬合

患者さん

5歳 女性

治療期間

2年

通院回数

18回

費用

508,200円+毎月調整代6,050円

一般的な治療に対するリスク

矯正治療中は装置の装着により、歯磨きがしにくく、また汚れも溜まりやすいため、虫歯や歯肉炎になりやすいです。また歯を動かすと歯根が短くなることがあります。

※ご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者さまによって治療期間や、治療法など個人差がございます。